MR業界の常識

医薬情報担当者とはどの様な仕事を行うのか

医薬情報担当者(MR)は主に製薬会社に勤務しており、製薬会社と病院等の医療の現場を繋ぐ大切な役割を担う仕事をしております。他の業界の営業活動とは大きく異なり、自社製品の販売促進を行ういわゆる「売り込み」を行う物とは大きく異なります。主な業務の内容としては、自社出開発した医薬品の副作用や適切な使用方法等の情報を医師や薬剤師に提供する。新製品の使用方法等を医療関係者に紹介して行く。医療現場で使用された薬の安全性や有効性、副作用等の情報を病院や薬局などから収集します。これは新薬を開発した製薬会社に対する義務として、市場での安全性や副作用の情報収集を6年間実施する為です。更に病院や薬局などから得られた情報を自社内に展開し、その結果を医療機関へ正確にフィードバックする必要が有ります。医薬品の特徴や類似の医薬品との違いを正確に把握し、医師や薬剤師からの質問には正確に答える事が必要です。この様に医薬情報担当者の仕事は医療の現場に密接に関係しており、正確な情報収集能力と高い倫理観を持って仕事に当たる事が求められております。又、医薬情報担当者になる場合には、基本的に薬剤師等の免許等は必要ではありませんが、製薬会社等によっては「MR認定資格」を必要とされる場合が有り、ほとんどの医薬情報担当者は6ヵ月の実務経験を経た後にMR認定証を持って業務に当たっております。

MRは経験がなくても資格を取ればなれる

医療関係の仕事に就職したくても何らかの理由で就職できなかった人におすすめの職業がMRです。MRは医薬情報担当者といって、勤めている製薬会社の自社製品を医師や薬剤師にこういった効果があるなどの情報を提供する職業です。勤めている製薬会社が新たに開発した新薬の効果をしっかりと把握し、医師や薬剤師に提供するという大事な役割をもつ職業なので、やりがいのある仕事だと言えます。元々医療関係の仕事に就きたいと思っていた方は、持っている知識を存分に発揮することができるのではないでしょうか。MRは経験がなくても務めることができるので、まったく関係のない職業から転職をする人もいます。MR認定資格を取得することが義務付けられているので、そこで知識を身につけて新しい職業としてMRに挑む方もたくさんいます。また、MRに必要なことは営業力でもあるので、営業や販売をしていた経験がある方は有利に活躍することができるのではないかと思います。MRの移動手段は車なので、車の運転も必要となってきます。必ず運転免許は取得しておかないと各地域にある病院やクリニックに行けませんので、必須事項と言えます。MRは学習意欲が高い人ほど向いている仕事ですので、何事も勉強だと知識を増やし続けたい方などには特におすすめな職業でしょう。

Calendar

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Recent Information

知っておきたいリアルなMR事情

社会貢献度の高い職業 医療業界や製薬業界での就職を考えて職種を探すと『MR』という単語が出てきます。アルフ…

More

MR業界の常識

医薬情報担当者とはどの様な仕事を行うのか 医薬情報担当者(MR)は主に製薬会社に勤務しており、製薬会社と病…

More

高い志でお仕事

大事なのは信頼関係 病院の医師や薬局の薬剤師に、自社の製品である薬の情報を提供するという仕事の「MR」。実…

More

医療情報のエキスパート

MRは薬の専門知識が必要 私は、以前総合病院で働いていました。夕方になると、MRの人達が医薬品を先生に紹介…

More

List

2017年08月03日
高い志でお仕事を更新しました。
2017年08月03日
医療情報のエキスパートを更新しました。
2017年08月03日
知っておきたいリアルなMR事情を更新しました。
2017年08月03日
MR業界の常識を更新しました。

Copyright(C)2017 医療業界の花形職業MRについて知りたいホントの事情 All Rights Reserved.