高い志でお仕事

大事なのは信頼関係

病院の医師や薬局の薬剤師に、自社の製品である薬の情報を提供するという仕事の「MR」。実際に薬を売るのではなく、その薬の有効性や安全性などをアピールして患者の方への処方薬として自社の薬を選んでもらうというのがMRの仕事内容です。MRが扱う薬は、一般的な薬局で処方箋なしで購入ができる薬ではありません。こうした薬は「一般用医薬品」といいますが、MRが扱う薬は医師の処方箋、そして薬剤師の調薬によって購入ができる「医療用医薬品」です。こうした医療用医薬品を、「何のために使うと、どのような効果があるのか」、「他の薬と違ってどのようなメリットがあるのか」などといった情報の他、一緒に使ってはいけない薬、飲み方、そして使用してはいけない人など、副作用や注意するべき点においても必ず説明をしなくてはなりません。特にこうした安全性については、漏れることなく必ず伝えなくてはならない情報でもあります。医師や薬剤師の元に訪れるMRは非常に多くなっています。その中で自社の製品を知ってもらい、かつ自社の製品を使ってもらえるかはMRの努力の積み重ねでもあります。医師や薬剤師との信頼関係を築くというのも、MRの重要な仕事の一つです。

使命感を持って猛勉強

病状によって効き目がある薬は、変化していくことが通例です。そこで製薬会社の営業部門が的確に指示することが大事になり、この仲介を行う仕事がMR(医薬情報担当者)です。医師が処方する薬は薬事法が適用された信頼性がはっきりしているため、有用性がある内容を病院へわかりやすく伝える活動が不可欠になってきます。幅広い分野をカバーするスキルと営業向きの話術がMR(医薬情報担当者)には求められるので、日々精進していく覚悟を持つことが大事です。薬剤師に似た待遇が受けられ、年収や休日への待遇はよい条件が並んでいます。医療関係者どうしが円滑なやりとりができるよう、MR(医薬情報担当者)が自社の薬の販売を促すことがあります。医師との連携を強化させていくことで、信頼できる薬の出所がはっきりし、情報が正しい内容で伝わりやすくなります。さらに法的に認められた薬を処方する義務が医師にあるため、MR(医薬情報担当者)に課される信用度は年々高まりを見せています。社会的に高い使命感を持って仕事をする必要があるので、MR(医薬情報担当者)を目指すには人一倍勉強をすることが大切です。医療従事者の多くは、責任感を持って患者に接しています。

Calendar

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Recent Information

知っておきたいリアルなMR事情

社会貢献度の高い職業 医療業界や製薬業界での就職を考えて職種を探すと『MR』という単語が出てきます。アルフ…

More

MR業界の常識

医薬情報担当者とはどの様な仕事を行うのか 医薬情報担当者(MR)は主に製薬会社に勤務しており、製薬会社と病…

More

医療情報のエキスパート

MRは薬の専門知識が必要 私は、以前総合病院で働いていました。夕方になると、MRの人達が医薬品を先生に紹介…

More

高い志でお仕事

大事なのは信頼関係 病院の医師や薬局の薬剤師に、自社の製品である薬の情報を提供するという仕事の「MR」。実…

More

List

2017年08月03日
高い志でお仕事を更新しました。
2017年08月03日
医療情報のエキスパートを更新しました。
2017年08月03日
知っておきたいリアルなMR事情を更新しました。
2017年08月03日
MR業界の常識を更新しました。

Copyright(C)2017 医療業界の花形職業MRについて知りたいホントの事情 All Rights Reserved.